不動産投資の減価償却とは

不動産投資の減価償却とは

減価償却という言葉は、申告をする際に聞いた事があります。

実際、経営する店などの建物や車、パソコンなど金額と年数の違いこそありますが、減価償却対象です。

これは、建物はだんだん劣化していくので、その下がっていく価値を経費として見ましょうということになります。

ということは不動産投資にも節税対策上、重要な事となります。

不動産投資とは建物に投資するということですから、その建物の構造によって減価償却費が違ってきます。

大阪でも商業地では鉄筋コンクリートの建物でしょうが、郊外にいくと木造が多いでしょう。

前者はRC構造と呼ばれて購入から47年の間税率2.2%で経費としてもらえますが、木造の場合は税率は4.6%ですが、22年しか計上できません。

どちらが得かということになりますが、これは物件や借入の状況によって違ってきますから一概にはいえることでもありません。

大阪で木造の一戸建てで利回りのいい物件であれば、街中でも空室が目立つマンションよりいい投資先になりますからね。

大阪のサラリーマンの不動産投資

最近はサラリーマンの中にも不動産投資をする人が増えてきました。

理由は色々でしょうが、将来への備えといった点が最も大きいかもしれません。

国の年金も安定した資金とたいえなさそうですし、元気で働けるなラいいですが、病気や万が一の為の備えとしても家族の為にも不動産ともっておくことがいいような気がします。

また節税対策にも有効なこともあります。

自分の仕事が順調であれば所得税や住民税といったものを払いますが、不動産投資などで損をしている場合には損益通算というやり方で還付を受ける事が可能です。

少ない金額での投資で利益を一定して得たいと思うのなら、大阪の人気沿線沿いでワンルームのような所を持っていた方が家賃は高く、あまり空室といった事もないかもしれません。

オススメ不動産投資を大阪で!

管理も大阪にたくさん物件をもっていうような会社を選んで頼んだ方があとあといいかもしれないですね。

とはいえ、全部を人任せにするのではなく、管理を任せているといっても自分でちゃんとチェックすることを怠らないのは投資家としては当然の仕事になります。

Comments are closed.